商工会青年部で岩手県大槌町第5仮設団地に行ってきました。

先日、11月24日(土)に岩手県大槌町に青年部員の有志と復興支援に行ってきました。

この活動も今年で8回目、大槌町の第5仮設団地の方々も減り始めていました。

が、これは大槌町の復興がしっかりと進んでいるということなので喜ぶことだと思っています。

そして今年は大槌町の商工会青年部と交流することができました。震災当時のことやこちらの活動を報告しあうことができてとても貴重な時間となりました。

 

以下活動内容の様子です。

↑活動直前の集合写真

↑支援活動で仮設団地の方々と話が弾む様子

↑大槌町の商工会との交流会での集合写真

↑高台から撮影した大槌町の風景、年々整ってきて住宅も町の施設も増えてきました。

↑地元青年部と待ち合わせをした施設「おしゃっち」。この施設には震災当時の映像や写真、有志によって製作された震災前の町の模型が展示してあります。津波の怖さ、被災者の想いが残されています。